低刺激に高浸透させる、新しい技術のホワイトニングケアを選ぶ 元々、ハイドロキノンは浸透力が低く、届...

シミ対策で選ぶべきハイドロキノンクリームとは?

低刺激に高浸透させる、新しい技術のホワイトニングケアを選ぶ
元々、ハイドロキノンは浸透力が低く、届いて欲しい肌の奥の、メラノサイトまでは届かないものです。また、高濃度で配合すると、肌に刺激が強いという欠点もあります。酸化しやすく、品質を安定して保つことが難しいなど、さまざまな欠点があげられます。美白効果を実感するためには、これらの欠点を解決し、浸透力を高めているものを選ぶ必要があります。

ハイドロキノンは刺激の強いので、肌に赤みが生じやすい問題点があります。低刺激な状態で、肌への負担を軽減してくれる処方を、採用しているスキンケアラインを選ぶ必要があります。ハイドロキノンを微細なカプセルに詰め込むことで、これらの問題を解決しているものもあります。そういった、最新の技術を安全に使えるものを選びましょう。

ハイドロキノンは熱や酸化に弱くて、成分の性質が変化しやすい成分です。熱や酸化から、ハイドロキノンを守ってくれる処方を、採用しているものを選びましょう。本来の有効成分を劣化させることなく、高い品質のままメラノサイトまで浸透させる、そんなホワイトニングプラグラムが必要です。シミの元に直接働きかける事で、シミを漂白して初めて、シミのない透明感のある肌を、実感することができます。